パースの達人.com[パースの基本情報]

パースの医療機関について

オーストラリアでは病気になった場合、日本語医療センターにて診断をうけます。その後一般開業医GP(General Practitioner)による専門的な診断が必要と判断されれば紹介状を書いてもらい予約をして診察に訪れます。英語に自信があれば直接一般開業医(GP)にて診察を受けて頂いても問題ありません。オーストラリアでは緊急の場合をのぞいて、予約なしで専門医や病院で診察を受けることはありません。  続きを読む
タグ :パース医療


投稿日: 2010年12月27日

パースの薬局屋リスト

オーストラリアでは抗生物質などの薬はGPに処方箋を書いてもらい、ケミスト(Chemist)と呼ばれる薬局で購入します。風邪薬、咳止め、鎮痛剤などの薬は自分で薬局に行って購入することができます。ケミストに行って病状を説明すれば、症状にあった薬を教えてもらえます。その他、薬局では様々な物が販売されています。シャンプー、歯ブラシ、目薬、日焼け止め、リップクリーム、使い捨てカメラ、カメラフィルム、化粧品、ビーチサンダルなど生活用品もたくさん揃っています。  続きを読む


投稿日: 2010年10月20日